camera obscura

タグ:vivitar_ultra_wide ( 5 ) タグの人気記事

color print

crow
f0007294_12135930.jpg

vivitar ultra wide & slim camera / kodak gold100 / kodak supra endura paper 8x10in.



wave
f0007294_1501885.jpg

vivitar ultra wide & slim camera / dnp centuria 100 / kodak supra endura paper 8x10in.



遅まきながら最近になってカラープロセッサーを入手(中古ですよ)したので夜な夜な
アナログというかケミカルのカラープリントの自家制作にハマっております。
以外に面白くハマっているのが上のような曇天時のでのほとんど無彩色の世界のプリント。
補正フィルターの設定次第でトーニングも思いのまま。
モノクロ写真のトーニングでは手間や保存性に問題が残ってしまうような色でも気にせず
イメージ通りにプリント出来るのがカラープリントならではの面白さですね。

上の写真[crow]は二年前に撮影したものでココにもその時にネガをスキャンしたものが貼って
あるので見覚えのある方もいらっしゃるかも。
この写真等をプリントしていてあらためて思ったのがこの vivitar ultra wide & slim が
意外と(失礼w)使えるカメラであるという事。
ずっと使ってなかったけど惚れなおしました。
by typologies | 2009-05-30 12:27

out of balance / 20070225x

f0007294_11261552.jpg

f0007294_11263125.jpg

f0007294_1126455.jpg

f0007294_1127144.jpg

f0007294_11271835.jpg

Vivitar Ultra wide & slim camera

引き続き例のビビターでスナップしております。
このちゃちなカメラ、いつまでもってくれるでしょう...w
Flickrのグループでの書き込みを読んでいると、まず巻き上げのギアがダメになる模様。
予備も買っておこうかなw
by typologies | 2007-02-27 11:34 | Vivitar Ultra wide

out of balance

f0007294_22211010.jpg

f0007294_22213776.jpg

f0007294_22215829.jpg

f0007294_22221734.jpg

f0007294_2222404.jpg

Vivitar Ultra wide & slim camera

今日は vivitar ultra wide でちょこっと撮影して参りました。
制限時間30分の撮影旅行ww
24枚撮り一本からのチョイスです。
周辺光量落ちはこのカメラの持ち味ですが、色の偏りはphotoshopの調整による
ものというかスキャン入力時の色の偏りであります。
決してこのカメラのカラーバランスがおかしい訳ではありませんよ。念のため w
by typologies | 2007-02-24 22:54 | Vivitar Ultra wide

75g !?

例のカメラが到着しました!!!
って、例のカメラとは「絞り固定(たぶんf8くらい)、シャッター単速(多分1/100くらい)の
22mm超広角レンズ付きカメラ Vivitar Ultra wide & slim camera のことであります(2/15の日記参照)。

しかし、、、届いた荷物がやたらと小さく軽い....
「ホントにカメラが入っているのか?」と思わず疑ってしまうような軽さ。
おそるおそる封を開けてみると、しっかり入っていました。ホっ
いやほんと、想像以上に軽くでビックリです。
台所のキッチン秤で重さを量ってみると、なんと75g
すげー。
フィルム入れても100gですww      ホルガの1/5ですよ。
ホルガも軽いと思っていましたが、この軽さにはかなわないわw

で、眺めていてもらちがあかないので早速撮ってみました。
まずはノーマル仕上げのモノからご覧にいれます。

crow
f0007294_21443018.jpg

Vivitar Ultra wide & slim camera

って、既にホトログやフリッカーにはアップした写真なのでこちらを覗いていらっしゃる殆どの方は
もうご覧になっているでしょうね。
この写真、このカメラでの一枚目のショット。
曇天の夕刻の逆光状態での撮影なのでネガカラー撮りなのに殆どモノクロ状態の上がりになりました。
ラボでの同時プリントと同じような感じにスキャンしたデータであります。
ノーマル処理でもかなりの周辺光量落ちするレンズです。
うーん、なかなかイイ!!! かなりホルガチックな描写をしますね。
周辺や遠景の描写は4Bの鉛筆で描いてこすったような雰囲気になっていてモロ私の好みの描写であります。



次の写真はスキャン入力時に入力レベルを狭く設定して、ホワイトバランスを意図的にちょっと
ずらした設定でスキャン(疑似クロス)してみた別写真です。

barrels
f0007294_21583229.jpg

f0007294_2263077.jpg

Vivitar Ultra wide & slim camera

こんな感じになりました。
レベルを狭くしたのでコントラストが上がり、結果的に周辺光量落ちがかなり強調されてます。
実際にクロス現像しても大体こういった雰囲気の上がりが得られでしょうね。ワクワク。

今週中には発注してあるナニワの現像液が届くと思うので到着し次第時間を作ってリバーサルで
クロス現像してみようと思います。
そちらの方はまた追ってご報告。
by typologies | 2007-02-20 22:32 | Vivitar Ultra wide

超広角トイカメラ

たぶん、まだ日本では紹介も販売もされていないと思われるトイカメを発見いたしました。
Vivitar Ultra Wide & Slim というカメラ、
eBayをふらついていて偶然見つけた次第です。
こんな感じのものデス.
このオークションページにも紹介されていますが、Flickrには既にこのカメラの
Groupがありました。

周辺光量落ちの具合も中々良さげ。
クロスすればより一層周辺光量落ちが激しくなりかなり面白そう。
35mm判では一番ホルガチックなカメラですね。

私は早速注文しちゃいましたw
来週くらいには届くでしょうか。
到着が楽しみであります。

f0007294_15595420.jpg

by typologies | 2007-02-15 15:57