camera obscura

<   2008年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

夕暮れ

f0007294_1655958.jpg

f0007294_1661843.jpg

Leica M2 / noctilux 50mm F1.0 / Fujicolor800


夕暮れ時にもなるとすっかり肌寒くなってまいりました。
そろそろ霜も降りて来そう。色々と冬支度を始めねば...
by typologies | 2008-10-31 16:19

dolly

f0007294_19465820.jpg

Oct. 1989
Leica M2 / summicron 50mm F2 +自製ソフトフィルター / Tri-X


記念写真的スナップを除いての「人」の写真を撮らなくなって久しいですが、
flickr等で周りの方々のお撮りになってる人物写真を見ていて、なんだか
にわかにポートレイト等の「人」入り写真を撮りたい気持ちが少し蘇ってきました。
う〜ん...

写真は20年程前に撮った当時のポートフォリオから。
モデルは芝居をやってた友達。どうしてんのかな?と試しにググってみたら
今でも芝居やってた..。あ、ヤバ、あらためては許可取ってない...
けど、当時自由に使っていいと言ってたから、ま、いいか...w  
しかし、当時はネットと言う物が無かったし。まずい時には消す事にします...
by typologies | 2008-10-28 20:36

Ashio Copper Mine / 2007

f0007294_22291924.jpg


PCの中に溜まった写真を整理していて昨年撮ったこの一連の写真を発見、
久しぶりに見ていたらなんだか再び訪れてみたくなってきました。
しかし、噂によるとかなり取り壊しが進んでいるとか。
この撮影場所からの眺望もかなり印象変わっているのかな?
そんなに遠い場所ではないのではありますが中々訪問する時間が作れない...
冬になる前に一度くらいは様子を覗いてきたいところです。はたして行けるかな....
by typologies | 2008-10-25 22:36

メタセコイア

green feathers
f0007294_017066.jpg

Leica M2 / noctilux 50mm F1.0 / Fujicolor100


生きる化石と言われるメタセコイアの木、羽毛のように繊細な葉が針葉樹らしからぬ
優しさを醸し出していてとても美しい樹であります。
日に日に寒くなってきましたし今年の葉っぱはそろそろ見納めかな...

そうそう、そろそろまた別の生きる化石の美味しい実の収穫時期。
食せるように処理するまではとてつもなく臭いですが、美味しいのでそこは我慢。
大きいビニール袋とゴム手袋持って拾いに行かねば〜。
by typologies | 2008-10-22 19:57

Goldenrod

habitat
f0007294_18505842.jpg

Leica M2 / noctilux 50mm F1.0 / Fujicolor100


現在の日本の秋の風物詩の代表、セイタカアワダチソウ。
ほんと何処にでも生えてますね。
英語圏では Goldenrod と呼んでいるようです。なんだかちょっとカッコイイ。w
by typologies | 2008-10-20 19:29

彼は誰ぞ

song of wind
f0007294_13541577.jpg

Leica M2 / noctilux 50mm F1.0 / Fujicolor100


夕闇の迫る時刻と言うのはほんと刻一刻と光の表情が変わっていきます。
露出を決めるのには中々難しい時間帯ではありますが、事象を日中とは
違った表情に変えてくれるし闇によって省略もしてくれる面白い時間帯。
日本でもこういう時間帯が長く続く白夜のような季節があれば良いのに
な〜 ... などと、叶わぬ願いを願ってみたり... w
by typologies | 2008-10-19 14:04

夕刻

five o'clock
f0007294_18555560.jpg

f0007294_2137654.jpg

Leica M2 / noctilux 50mm F1.0 / Fujicolor100



気が付けばもう秋も半ば。
夕闇が迫る時刻もかなり早くなって来ました。
寒くなる前に何処か旅に行きたいものです。

が、例によって休みが取れません....w
by typologies | 2008-10-18 19:03

秋桜

cosmos
f0007294_2333867.jpg

Leica M2 / noctilux 50mmF1.0 / Fujicolor100


秋の花といえばコスモスですが、良く考えてみるとこの数年の間コスモスの花を
写真に撮った事がありませんでした。何故撮らなかったか...? 理由は特に思い当
たりませんが、あえて言うならばこの時期になるとネットのそこかしこでコスモ
スの写真を目にしていたから避けていたのかな... w
by typologies | 2008-10-17 00:06

double exposure / subtraction

table & chair
f0007294_17443335.jpg

Polaroid 600SE / Polaroid Chocolate80 Film


再びチョコレートフィルムでの写真です。
ここのところ時間が空くとこのフィルムで遊んでおりますが、最近ハマっているのが
このフィルムので多重露光。ちょっと前迄はポラパックEE33でばかり撮っていたので
すが、このカメラは朧げな描写を求める時にはうってつけなのだけれど明確なイメー
ジが欲しい時にはちょっと問題あり...w 
で、レンズの性能も良いPolaroid 600SEのバックをちょこっと改造してType80フィ
ルムも装填できるようにして使い出しました。
レンズがクリアーなのでこういったバックのハイライトが抜けるような条件での多重
露光の減算的な描写もクッキリハッキリ出てくれてなかなか面白いです。
by typologies | 2008-10-14 18:01

Schneider Xenon 50mm F0.95 二本目

autumn sky
f0007294_1856051.jpg



fall leaves
f0007294_18561180.jpg

Voigtländer Bessa R2A / Schneider Xenon 50mm F0.95 / Fujicolor 100


今日も散歩の折りにSchneider Xenon 50mm F0.95で撮影。
まだこのレンズの癖をつかみきれていませんが、想像以上に素性の良いレンズの
ようであります。周辺はケラレますが開放で中心部のシャープネスがこれだけ得
られれば十分な感じ。入手した値段を考えれば満点以上あげたいです。
このレンズの存在を教えてくれたandoodesignさんに感謝!!!

あ、そうそう、今度は絞りも使って絞り込んだ時の描写もチェックしておかねば。
絞り込んだ時に気になるのはケラレの部分の描写。周辺の闇の部分がクッキリ
ハッキリと境界が目立たなければ良いのですが....こればかりは撮って確認しない
と判りません。絞り込んでもケラレの暗黒部分までスムーズに光量落ちしてくれ
れば私にとっての真のドリームレンズとなってくれるでしょう。
by typologies | 2008-10-09 19:14