camera obscura

<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

二羽のカモメ

f0007294_22542989.jpg

left 海鴎4A / right 海鴎203


tree
f0007294_2255561.jpg



λ λ λ
f0007294_22552010.jpg

二枚とも 海鴎203 / Fuji Reala Ace

6月に入ってから仕事が忙しくなり写真を撮る時間作れずにおりましたがやっと一息。ホッ。
ホッとしたついでに入手してから全く使っていなかった海鴎の6x6レンジファインダー機
である海鴎203を今日になってはじめて使ってみました。
使ってみての一番の感想は、二眼の海鴎4Aとはかなり描写の感じが違うということ。
レンズ構成は情報が無くどういう構成の物なのか定かではないんですが、描写は海鴎4A
よりもより安玉トリプレット的な癖が強い印象があります。
やっぱりこれもトリプレットなのかな?。。。(謎...
カメラの構造的に二眼の海鴎よりフィルム面の平面性が出にくそうなんで、その点でも描写が不均一。
非常に不安定な写りをしますが、それが結構面白いですw
上にアップしたtreeと題した写真なんかはフィルムの波打ちの影響か殆どチルトしてる感じですww
しばらくはこのカメラで何も写してないようなつまんないスナップを気楽に楽しんでみようと思います。
by typologies | 2008-06-30 23:14

ペルケオでスナップ

f0007294_15142562.jpg

f0007294_15144988.jpg

Voigtländer Perkeo / Vaskar 80mm f4.5

久しぶりにペルケオを引っぱり出してスナップをしております。
現在このペルケオを使ってスナップする際に決め事にしているのが開放f4.5での目測撮影。
ピントの当たり外れはやはり出ますが、その分スリリングで楽しいっすw
ピントリングの距離表示がfeet表示なので、feet=m換算表を手書きで作ってカメラの裏
蓋に貼って使っております。
思っていた以上にコレ便利!!!
って、なんてアナクロな.... www
by typologies | 2008-06-18 15:41

開けるか、絞るか、

abandoned large transformers

f0007294_15311552.jpg

8x10 / 210mm f5.6(開放)




f0007294_15301883.jpg

8x10 / 210mm f32

今回の廃変電所撮影はバイテンでの様々なテストの意味も兼ねて行っているので
それぞれのショットを絞り開放と絞った状態双方で撮っておきました。
撮影意図や目的次第で使い分ければいい事ですが、
基本的な事とは言え、その判断が中々難しいですね。

開けたショットは立体感が素晴らしいし、絞った写真はバイテンならではの緻密な
ディティール描写が得られるし、中間の絞りとなるとその双方の持ち味が薄れるし。。。
by typologies | 2008-06-08 16:17

赤外線の季節

abandoned transformer substation in woods
f0007294_2093191.jpg

f0007294_2061974.jpg

Fuji FinePix5600 (converted for infrared photograph)

なんだか季節メニューみたいになってますが一年ぶりに赤外線写真を撮りました。
被写体は例の廃変電所。
今回の8x10撮影テスト行脚では8x10の他に持って行ったカメラはポラロイド2台
と赤外線写真用のデジカメ。
それぞれノウハウが違うんで頭の切り替えに難儀しましたw

大判でも赤外線写真撮ってみたいんだけど、赤外線の距離補正をどうやったら良いのか....ww
前にネットでちょこっと調べた時には何処かのフォーラムでその事についての議論が
されてましたが、決定的な良案は出ていなかったような記憶....
絞り込んで茶を濁すしか無いのかな.... (謎
とりあえず中判でefke/rolleiの赤外線フィルムのデータ取りテスト撮影してみるか。
by typologies | 2008-06-04 20:18

回転変流機 再び

f0007294_14321174.jpg

Tachihara Field 8x10 / 210mm / Fuji 100ACR


昨日曜日はタチハラの8x10を携え例の廃変電所まで行って参りました。
いやはや... 予想はしていた事ですが、かなり疲れた... w
カメラ機材が重いのもさることながら、変電所の周りの熊笹の薮を突破するの
に予想以上に骨が折れましたです...

今回の撮影行脚は作品撮りと言うよりは現場での8x10機材一式の取り扱い実地訓練
&現在の自分の体力的な限界の調査?w を主な目的としたものでありました。
主に「撮影目的地までたどり着くのに約20Kgの機材の持ち運びでどれだけ疲れるか。」
とか「移動での疲労をかかえたまま現場でどのくらいの時間8x10での撮影の為の
集中力を維持出来るか」とかを実際に体験して知っておきたかったのであります。

今回の撮影行脚で機材の量やパッキング仕方など色々と今後改善が必要な事が見つけ
られましたので次回には改善してより快適な撮影が出来るように準備したく思います。
とりあえずは、8x10カメラ&ホルダーが入る大きなリュックもしくは背負子型の
カメラバッグを用意せねばねばねば。
やっぱ登山用品から見つけ出すしか無いかな。良い物あればイイナ〜。
あ、三脚も適度な重さの物に変更したい...
今メインで使っている大型ジッツォは良いんだけど山歩きには重すぎる....w


---------------------------------------------------------------------------------------------
6/4追記

leica_m4mさんからディティールに関してのコメントを頂いたので、
ディティールのクローズアップを追加で貼っておきます。
f0007294_2218181.jpg

この正方形(約24mm四方)で囲まれた分を切り取った物が↓
f0007294_222066.jpg

立体感を得る為にf5.6絞り開放で撮ったショットなので深度が浅いですが、
塗料のハゲ落ちや錆の質感等しっかりと見とれます。
絞り込んで深度を深くしたピントバキバキのショットはまだ現像してないんでその内また....
by typologies | 2008-06-03 15:14