camera obscura

E-6 自家処理テスト

f0007294_23373946.jpg

f0007294_233857.jpg

f0007294_23382847.jpg

Seagull 4A / Fuji Velvia / Tetenal Colortec E-6(自家現像)

先日買っておいたプロセスE-6のカラーリバーサル用現像液である Tetenal Colortec E-6
でのステンレスタンク&リール自家現像テストをしてみました。
結果は上の写真のとおりです。
若干マゼンダがかぶった感じがありますが、初テスト結果としてはまずまずでしょうか。
何故マゼンダのかぶり感が出たのかの原因究明は今後の課題です。
このTetenalのE-6現像プロセスは

1)第一現像
  水洗
2)発色現像
  水洗
3)漂白定着
  水洗
4)スタビライザー(安定)処理

の4液処理で、ナニワカラーキットの2液処理にプラス2工程加えた感じです。
スタビライザー以外の1)2)3)の処理はナニワカラーキットよりも厳密に
38 度Cを厳守しないといけないので温度キープをどのようにするかが難しいところですね。
今回はべルビアでのテストでしたが、今度は他のナチュラルな発色フィルムで
現像テストしてみようと思います。
by typologies | 2008-04-27 23:58