camera obscura

TAXONA で close up

laying on the grass
f0007294_19254680.jpg

Fukushima Japan / Apr 19. 2007
Zeiss Ikon TAXONA / Tessar 37.5mm f3.5 + olympus pen-up #1 close up lens



a cloudy day
f0007294_19252226.jpg

Fukushima Japan / Apr 19. 2007
Zeiss Ikon TAXONA / Tessar 37.5mm f3.5 + olympus pen-up #1 close up lens



at noon
f0007294_1926177.jpg

Fukushima Japan / Apr 20. 2007
Zeiss Ikon TAXONA / Tessar 37.5mm f3.5 + olympus pen-up #2 close up lens


ここのところのマイブームは TAXONA で クローズアップ写真です。
最短1mまでの目測カメラでどうやってclose up写真を撮っているかというと、
Olympus PEN 用のclose-upレンズを無理矢理に取り付けて撮影しているのであります。(笑
f0007294_1933448.jpg

上の写真TAXONAの前に置いてあるのが pen-up クローズアップレンズです。
口径は殆ど同じなのですが、、、、ネジは合いません。
どうやって装着するかと言うと.....テープで無理矢理貼り付けますw
よって、不意の落下には要注意です!ww
左のレンズがNo1、右のレンズがNo2、それぞれ倍率が異なります。
で、ピント位置の問題は....カメラのフィルム面にトレース紙を貼って
簡易ピントグラスにして実測しました。
ピントリング ∞ でフィルム面からの距離がNo1装着時約21cm、
No2装着時約35cmといった感じ。
実際の撮影の折りに測距は目測ではかなりキツいのであらかじめ長さを21cmと
35cmに切った紐を用意しました。
それをカメラに貼付けて撮影対象に向けてピーンと張って撮影位置を決定します。
このカメラ、ファインダーがレンズの真上にあるので左右のパララックスは無いのですが、
これだけ近距離に寄ると上下のパララックスはものすごいありさまです。
ですので、ファインダーでフレーミングするのはあきらめて、感を頼っての
ノーファインダー撮影をせざるおえませんwww

上の三枚も皆、ヒモ測距&ノーファインダー撮影であります。
結構しっかり写ってるでしょ? w
by typologies | 2007-04-20 20:06 | Zeiss Ikon TAXONA